南米植物写真集 プランタストップバナー
イゴ(イチジク) :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年11月11日

イゴ(イチジク)


イゴ(イチジク)(学名:Ficus Carica L.、英語: fig、西語:higo、higuera)

 南西アジア原産のクワ科の常緑樹で、樹は4メートル。黒紫色の梨状の果実をつける。

 果実は、生、あるいは乾燥させて食べる。乾燥させたものは干しブドウに近い味がし、栄養価が増し、子供、スポーツ選手、妊娠中の女性の栄養補給に不可欠な栄養素を提供する。

 起源は古代ギリシャ時代に遡り、ごちそうとして評価されていた。

 聖書の創世記に、モーゼがカナンの地を知るために探索隊をどのように派遣し、様々な果実を持って戻ってきたかが語られている。その中の果実の一つが「イゴ」であった。

 また、この果実は、プラトンの好物で、「哲学者の果実」と伝えられている。

管理人の感じでは、日本のイチジクとは、全く違います。

higo1.jpg


higo2.jpg


higo3.jpg


higo4.jpg


higo5.jpg


higo6.jpg


higo8.jpg


higo10.jpg



 Photo: By Nekoshi, Catana, Yamparaéz, Chuquisaca, Bolivia, 2010


【参考URL】

http://www.alimentacion-sana.com.ar/informaciones/novedades/higos.htm
http://www.botanical-online.com/medicinalsfigueracastella.htm


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168461441

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク


サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る