南米植物写真集 プランタストップバナー
薬用サルビア :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年11月18日

薬用サルビア


薬用サルビア (学名:Salvia officinalis, or Lepechinia meyenii、英語:Common sage, 西語:Salvia]

 サルビアは、シソ科サルビア属の総称で低木性の多年草。中南米およびヨーロッパの地中海沿岸が原産で世界に約500種分布する。

 下の写真は、ボリビア、スクレ市郊外の標高3,200mに自生するもの。日本で見られる園芸用栽培種とは異なる。

 丈はこれ以上大きくならず、地面に張り付くように生えている。葉は強い芳香を放ち、ハーブティーに用いられる。また、胃痛に効く薬草としても知られている。

 さらに、言葉を話すのが遅れている赤ん坊に対し、ミルクに混ぜて飲ませると、早く話せるようになると言われている。

 アンデスの薬草を調査した下の資料(1)では、産後痛、リュウマチについての薬効を挙げている。

 また、別の文献(2)では、鼓腸、消化器、口腔についての効能を挙げている。

Salvia1.jpg


Salvia2.jpg


Salvia6.jpg




【写真撮影】 スクレ、ボリビア、 by Nekoshi


【参考】
資料1;Manuel J. Macía, et al. , "An ethnobotanical survey of medicinal plants commercialized in the markets of La Paz and El Alto, Bolivia",2007, http://elsevier.com/locate/jethpharm/

資料2:Mahabir P. Gupta, "MEDICINAL PLANTS ORIGINATING IN THE ANDEAN HIGH PLATEAU AND CENTRAL VALLEYS REGION OF BOLIVIA, ECUADOR AND PERU", UNIDO, 2006

スポンサーリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169805131

この記事へのトラックバック

サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る