南米植物写真集 プランタストップバナー
タイサンボク(マグノリア) :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年11月19日

タイサンボク(マグノリア)


タイサンボク (マグノリア)
 
学名:Magnolia grandiflora、英語:Southern magnolia、西語:Magnolia,

 タイサンボク(マグノリア)は、モクレン科モクレン属の常緑高木で、原産地は北米。

 米国東部、メキシコ、中央アメリカ、東南アジア、南米で生育している。

 モクレン目の植物約120種の属である。モクレン属はMagnolia亜属とYulania'亜属に分類され、タイサンボクは前者に属する。ハクモクレンやコブシは後者に属する。

 写真の花は、直径15センチから20センチもある大輪。

 この花からマグノリアの香水が作られる。

香水の花マグノリア


Magnolia


マグノリアの花


magnolia8.jpg


 写真では、花が小さく見えるが、これは葉が大きいため。葉の大きさは、30センチ程度ある。

マグノリアの巨大な葉


 花弁が落ちると、下の写真のような形状になる。

magnolia7.jpg


【写真追加】

 5メートル以上もある高いところで開花するので、なかなか花の写真が撮れなかったのですが、撮影に適した場所に開花したので、やっと写真に収めることができました。

Magnolia4_s.jpg


【撮影】 スクレ、ボリビア、2010.11, by Nekoshi


スポンサーリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169890697

この記事へのトラックバック

サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る