南米植物写真集 プランタストップバナー
タチナタマメ(カナバリア) :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年12月20日

タチナタマメ(カナバリア)


タチナタマメ (学名:Canavalia ensiformis (L.) DC.. 英語:Jack-bean 西語:Canabalia)

科 : マメ科
属 : ナタマメ属 Canavalia
種 : C. ensiformis

種子は家畜の飼料として利用されるが、食用としても利用される。

 高さは1メートル程度に成長するが、土壌条件の良い所では2.3mまで成長する場合もある。

 根を根を深く張ることから、耕盤の破壊、また、マメ科植物であることから窒素固定が期待でき、さらに、葉や茎を鋤込み、土壌改良のための緑肥としても利用される。

 商業規模の栽培はどの国でも行われておらず、種子の入手が難しい。

 種子は軽度の毒性を示すが、煮沸するなど、適当な処置を採れば毒性はなくなり食用とすることができる。

canabalia1.jpg


canabalia2.jpg


canabalia3.jpg


canabalia4.jpg


canabalia5.jpg

スポンサーリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174183431

この記事へのトラックバック

サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る