南米植物写真集 プランタストップバナー
ジャスティシア・ペクトラリス :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年12月22日

ジャスティシア・ペクトラリス


ジャスティシア・ペクトラリス (学名:Justicia pectoralis Jacq.)

科 Family: キツネノマゴ科 Acanthaceae
属 Genus: ジャスティシア属 Justicia
種 Species: J. pectoralis

一般名:(ポルトガル語、スペイン語圏)novalgina, anador, cerebril, chacambá, chambá, carpinteiro, carpinteiro, erva de Santo Antônio, peristrofe, pingo de ouro, tilo, trevo do Pará, trevo cumarú, Melhoral,

 ジャスティシア・ペクトラリスは、キツネノマゴ科の草本植物で、高さ60cmに成長する。
南米で薬用植物として広く使用されてきた植物で、バニラのような香りを持っている。その葉を薬用として用いる。たくさんの呼び名があるが、クリバノ(Curibano)、ノバルヒナ(Novalgina)もその一つ。

 茎には幻覚作用を引き起こす物質が含まれる。コロンビアの先住民族とアマゾン川流域で使用されていた。いくつかのインデオ部族は、この幻覚作用のある茎や種子を嗅ぎタバコとして使用している。

【薬草としての効果】

南米の民間薬。弛緩および一般的な強壮剤として民間療法で使用されている。
薬効: 収れん、鎮痛剤、抗菌剤、抗炎症、催淫、抗リウマチ、抗出血性尿路、痰の除去、気管支、癒し、月経、去痰、解熱剤、胸、胸、平滑筋弛緩剤、神経鎮静薬、鎮静。
適応: 神経性疾患、カンジダ症、皮膚炎、気管支カタル、肝臓、胃痛、痛風、不眠、呼吸器系の巻。
利用する部位: 葉、枝。
注意: 高用量での幻覚作用がある。

novalgina1.jpg


novalgina2.jpg



【参考URL】

http://jardineiromaluco.wordpress.com/2009/07/18/melhoral-anador-ou-novalgina-justicia-pectoralis/#more-283
http://phytoterapianaescola.blogspot.com/

【撮影】 Paraguay, Dec 2010, by Nekoshi


スポンサーリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174449996

この記事へのトラックバック

サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る