南米植物写真集 プランタストップバナー
ペティグレン・パラグアイ :南米植物写真集 プランタス
Top banner

2010年12月29日

ペティグレン・パラグアイ


ペティグレン・パラグアイ  (学名:Citrus aurantium subsp. amara  英語:Petitgrain、 西語:Petitgrain Paraguay)


 ペティグレン・パラグアイは、ミカン科(Rutaceae)ミカン属の常緑小高木。ダイダイ(ビターオレンジの一種)。原産地はパラグアイ。

 葉や小枝からエッセンシャルオイルであるペティグレンを抽出する。

フローラル、シトラス、ハーブが混じりあったような香があり、ヨーロッパでは人気が高い。

 薬用としては、香りにリラックス効果が非常に高く、落ち込んだ時、パニックになった時などストレスの解消に有効とされる。

「Citrus aurantium」には、イタリア原産の「Citrus aurantium ssp bergamia」(ベルガモット)、モロッコ原産の「Citrus aurantium var. amara」(ネロリ:花から抽出)、そして、パラグアイ原産の「Citrus aurantium subsp. amara」(ペティグレン)などがある。

参考:http://www.aromatiqueltd.com/products/latestinfo.html

Petitgrain1.jpg


 ペティグレンのエッセンシャルオイルを"水蒸気蒸留法"により抽出しているパラグアイの農家の写真はこちらをご覧下さい。


【参考URL】

http://www.angeldom.com/oil_description/petitgrain.html
http://www.libertynatural.com/msd/66.htm

【撮影】 Paraguay, 2003, by Nekoshi


スポンサーリンク



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177080530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

サイトのトップページに戻る
サイトのトップページに戻る